スタジオアリス「ふりホ」予約してきました。

日々の暮らし

一年後ですが来年成人式を迎える娘の振袖展示会に行ってきました。

予約したのは七五三の時にお世話になったスタジオアリスの「ふりホ」です。

これから振袖の予約をされる方の参考になればと記事にしてみました。

ふりホとは?

子供の写真撮影ではよく聞く「スタジオアリス」さんですが、成人式の撮影プランもあります。娘が7歳の時に着物とドレスを着て撮影してもらったので最近になって案内ハガキが届くようになりました。

「ふりホ」とは?

スタジオアリスHPより

成人式振袖 選びホーダイ×着ホーダイ

お気に入りの1点レンタル&前撮りパック

一律価格  99,800円(税抜き)

約1000種類の着物を選びホーダイでレンタルしてから成人式までの間何度着てもOK!

料金には着物と小物レンタル代、撮影代、アルバム代、前撮り時のヘアメイク&着付け

が含まれています。

メリットに感じた点

  • 着物は京都のグループ会社のもので高品質、正絹中心
  • オプションがない!
  • 展示会では2つまで試着出来、実際のイメージがつかめる
  • スタジオアリスで子供の時に撮影したものがあれば今回のアルバムに組み入れてくれる
  • 着物と帯、小物がすべてセットになっているので素人は迷わなくて済む
  • 料金は前撮り時に清算(前撮りが終わったら着物本体を自宅に持ち帰るので式当日に着物がない!いう最悪の事態は免れます)

展示会に行ってきました

やはりお安いので実物を見ないと安心できないと思い、展示会に行ってきました。

展示会は色々なお店で土日中心にやっているようです。

展示会と言っても私が行ったのは撮影をしてもらう店舗の軒先といったところ。

店頭に10着くらい着物が並んでいてその中から好みの色味を2つまで試着出来ます。

着物といっても、主になる色が赤、緑、青、黄色、黒、白と様々で色によってだいぶ雰囲気が変わります。

娘は白地のものとサーモンピンク地のものを選びました。

どちらも帯をしない状態まできちんと着せてもらえました。

試着をするといいことは

  • サイズ感が分かる(S~Lまであるそうです。)
  • 顔と色の相性が分かる
  • 全体の柄の出具合が分かる
  • 写真を撮ってもOK!

といいことが沢山ありました。

展示会に来ないとデジタルカタログで選ばないといけないのでやはり実物を見て触って着てみるのと比べたらだいぶ雰囲気が違うと思います。

着物のことはよくわかりませんが、刺繍が凝っていて生地もしっかりとしていました。

素人ですが安物ではないと思います。

どれも素敵でしたよ!

娘は細身で背が高いのでMでも行けるけれど、Lサイズにしました。

着物も散々迷って白地のものを一応予約しましたが、撮影日2週間前までは変更可能とのことです。

実際に帯はなかったのですが、それは写真で確認しました。

試着した様子は自由に写真撮影OKとのことで前から後ろから、手を広げてみたりと色々と撮らせていただきました。

やはり息子の時はこのようなことは出来なかったのでとっても楽しいひと時でした。

成人式当日の着付けとヘアメイクはどうする?

スタジオアリスさんの「ふりホ」は着物はレンタル出来るけれど、ヘアメイクと着付けは前撮りの時のみの金額です。

なので、近所の美容院に早速予約を入れました。

ヘアメイクと着付けで30,000円です。

相場はこれくらいなのかしら?

前撮りしてから成人式まで着物は家保管です。

式が終わってから1週間以内に宅配で返却します。

なんともシンプル。

結局、前撮りと式当日トータルで14万位。

相場は20~30万(掛けるひとはもっと!)なのでまあまあ安く収まったと思います。

デメリットは?

私は全くデメリットは感じていませんが、お店の方に聞いたら

着物と帯の組み合わせがすでに決まっていること

とおっしゃっていました。

柄選びって楽しいけれど、難しい、、、と思う素人には全くデメリットになりません(笑)

もう一つ、髪飾りはレンタルしていないとのことで自分で用意しなくてはならないこと。

こちらは娘にはこだわりがあるそうで、かえって良かったと思いました。

押しが弱い人にはいいサービス

メリットでも書きましたが、オプション料金がないのが心理的にとっても安心でした。

一生に一度の!

なんて言われたらもっといいものを!と見栄を張ってしまいますよね。

そういったことを全く考えなくていいのは気持ち的に楽でした。

迷うことがほとんどなかったので必要以上に時間をとられませんでした。

予約までの流れ

展示会では以下のような流れで予約しました。

人によって違うと思いますがトータルで2時間くらいでした。

  1. 店頭で「ふりホ」の説明を聞く
  2. 振袖を2着試着
  3. アルバムのデザインを選ぶ(3種類ありました)
  4. 前撮りの日を決める
  5. 前撮りの日の段取り説明

以上とてもスムーズでした。

お店の方は慣れていてとても親切でしたし、他のお店も色々見て決めて下さっても結構ですよ~とおっしゃってくださり押しつけがましくないのが好印象!

こちらに決めてよかったです。

前撮りは5月。

コロナ禍で鬱々としていましたが、楽しみが増えました。

娘に感謝ですね。

以上スタジオアリスの「ふりホ」レポでした。

成人式の振袖どうしよう?と思っている方の参考になれば嬉しいです。

5月に前撮りした時の記事を追加しました。

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました