kindle出版準備4日目

本出版

さて4日目です。とうとう本文を書きます!

初日に目次を決めているのでそれに沿って書いて行きます。

目次を決めておいてよかった!と思える瞬間。

本文は書いていないのに大枠が決まっているので精神的に楽です。

本文はWordで

本文はWordで書きます。

第1章から書き進めます。

第3章までありますが、第1章は導入なので文字数は抑えめ。

書いてみたら2814文字になりました。

kindle本は何文字以上とかの制限はないとのことですが

目安として1冊10,000〜15,000文字が読みやすいとのこと。

10,000文字目標として

1章で約1/3書けたのでまあまあです。

一気に書きましたが、話の流れとして自分が言いたいことに

持っていけるのか?

少々荒っぽくなりました。

何せ初めてですので試行錯誤です。

でも楽しいです!!

自分の家のことを書いているので

懐かしくて色々思い出して月日が経ったことを実感してしまいました。

書いたものをKDP previewerで確認

最終的に書いた原稿はKDPにアップロードするわけですが

その前にKDP previewerをインストールします。

こちらは原稿をプレビューするためのもので無料でインストールできます。

しかし!

使っているPCのバーションが古すぎてインストールできないことが発覚!!

もう10年以上前のMacなのですが一度もアップグレードをしたことがなく、

焦りました。反省。

色々と調べ、AppleのHPからアップグレードできることが分かりました。

バージョンアップをするのに一日かかってしまいました。(汗)

KDPとは

Kindleダイレクト・パブリッシングとは、Amazon運営する電子書籍ストアKindleストア」を通じて電子書籍配信できる電子出版サービスである。

weblio辞書より

Kindleダイレクト・パブリッシングに書籍を登録することで、一般的な書籍コンテンツ同様にKindleストアセルフパブリッシング書籍配信販売することができる。電子書籍コンテンツePubXMDF加えてHTML形式でも配信可能であり、Kindle向け書籍作成ツール「KindleGen」、電子コミック作成ツールKindle Comic Creator」なども提供されている。デジタルコンテンツであるため出版(登録)完了後に表紙画像追加したり内容一部修正したりすることもできる。登録料などの初期費用発生しない。

weblio辞書より

OSは新しいバージョンにしておかないとアプリも入れられないし、新しいサービスが使えないなんて知らなかったです。

無事インストールが済み、プレビューしてみました。

プレビューは簡単にできました!

こちら目次ですが、取り込むことが出来ました!

と言ってもドラック&ドロップするだけで本当に手軽。

内容はともかく(!)なんだか本っぽくなってきました。

次は第2章を書き進めます!

これまでの流れ

  • 1日目 タイトルをぼんやり決める・目次を決める
  • 2日目 本の「大枠」を作る はじめに・おわりに・著者紹介など
  • 3日目 表紙をつくる
  • 4日目 本文を書く←今ここ!

参考書籍

Amazon.co.jp: Kindle出版は7日間でやれ!: 7週間で7冊出版した7日間のやることリストと出版の裏側を大公開【電子書籍出版】 Kindle出版シリーズ【初心者→印税月10万円まで】 eBook : のみや: 本
Amazon.co.jp: Kindle出版は7日間でやれ!: 7週間で7冊出版した7日間のやることリストと出版の裏側を大公開【電子書籍出版】 Kindle出版シリーズ【初心者→印税月10万円まで】 eBook : のみや: 本

この記事をかいた人
「すっきり日和」aki

こんにちは。
神奈川県の葉山町在住。
派遣パート事務をしながら
時々片づけの仕事をしています。

子育ては一段落。
「部屋も気持ちもすっきり!」
を心がけて
50代のつぶやきを記事にしています。

「すっきり日和」akiをフォローする
本出版
スポンサーリンク
スポンサーリンク
「すっきり日和」akiをフォローする
「すっきり日和」

コメント

タイトルとURLをコピーしました