部屋に色々な機能を持たせる〜小さな家の工夫

クローゼット

もともと夫の書斎として作った造り付けの机のあるスペース。

様々な変遷を経て、今は私のワークスペースとなりました。

(夫の部屋は別にありますよ♪)

狭くて落ち着ける、ひとりになれるいい空間です。

全部で7.72㎡(約5畳弱)の概要は?

久しぶりに建築当時の間取り図を見て広さを確認しました。

寝室の続きにあるこのスペース、書斎とクローゼット合わせて約5畳。

書斎スペース

小さな空間の入口〜緑のふすまを右にスライドすると仕切ることができます。

入って右に造り付けの机があります。

奥に進んで左手(本棚の奥)はクローゼットになっています。

約2畳のファミリークローゼット〜家族の服は全てここに集結

このスペースの活用方法

この小さなスペースでしていること

  • パソコン作業
  • ミシンがけ
  • 洗濯物を干す
  • 洗濯物を畳む
  • アイロンを掛ける
  • 衣類をしまう

特に洗濯物を干す→取り込む→しまう

がここで全部済んでしまうのはとっても楽。

ふすまを閉めると個室になります。ZOOMもこの部屋で。
机の上の天井にはホスクリーンをつけて洗濯物を室内で干し、天気のいい日は外へ、悪い日はこちらで部屋干し。
窓辺にはピンチの入ったかごや布団たたきを

ワークスペース兼クローゼット兼家事室として機能的につかえるスペースです。

なんなら床に布団を敷いてひとりなら寝られます!

あ〜狭いところ大好き。

まとめ

50代からの暮らしを考えると小さな家で少ないもので暮らすことが私にとっての暮らしのテーマかなと思います。

ひとつの部屋を最大限に使えば小さなスペースでも大活躍!

我が家がベットを持っていないのも部屋を広く多用途に使う工夫です。

小さな家で快適に暮らすには

  • 部屋を多用途につかう
  • 管理できる量だけのものを持つ
  • 持つ物は気に入ったものを揃える

ネットや雑誌で小さな部屋のインテリアを見ることが大好き。

小さな部屋に夢を感じます!!

自分の家をこれからも大事に育てていきたいです。

この記事をかいた人
「すっきり日和」aki

こんにちは。
神奈川県の葉山町在住。
派遣パート事務をしながら
時々片づけの仕事をしています。

子育ては一段落。
「部屋も気持ちもすっきり!」
を心がけて
50代のつぶやきを記事にしています。

「すっきり日和」akiをフォローする
クローゼット
スポンサーリンク
スポンサーリンク
「すっきり日和」akiをフォローする
「すっきり日和」

コメント

タイトルとURLをコピーしました